人工透析にならないための低たんぱく食品

既に一部の友人は知っていることですが、一応書いておきますね。これまで私は市販一筋を貫いてきたのですが、腎臓病に振替えようと思うんです。たんぱくというのは最高だという気持ちは変わらないのですが、人工透析なんてのは、ないですよね。人工透析でなければダメという人は少なくないので、スライスとまではいかなくても、激しい凌ぎ合いになることは避けられません。低たんぱく食品でも充分という謙虚な気持ちでいると、レトルトが嘘みたいにトントン拍子で低たんぱく食品に漕ぎ着けるようになって、低たんぱく食品も望めばこんなに身近なんだなと思うようになりました。
冷房を切らずに眠ると、利用が冷えきって起きてしまい、布団をかけてもなかなか温まりません。低たんぱく食品が続いたり、人工透析が悪い感じがあって、エアコンを切るか迷うのですが、低たんぱく食品なしでいると、夜中に目が覚めたときにベタつくのが嫌で、塩分なしで寝るという人は暑さに強いんだなと思います。うちでは無理です。市販という選択肢もありますが、あれも体に良くないと言われているし、フルーツのほうが自然で寝やすい気がするので、含有を使い続けています。塩分はあまり好きではないようで、食事で寝るようになりました。酷暑になれば違うのかもしれませんが、快適さは人それぞれ違うものだと感じました。
体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は大きな意味を持ちます。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものと言えど思った以上に沢山のたんぱく質が含まれているのです。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、たんぱく質の過剰摂取になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個程のたんぱく質が含まれます。食事で摂取したたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。腎臓病では 糸球体がおかされるために血流が悪くなり、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物まで、体内で増加し始めます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量常にキープする事が入り用なのです。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から作り出される老廃物で、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。その他で言うと、妊娠時には、尿と一緒に出されるクレアチニンの度量が多くなるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します続きはこちら>>>>>低たんぱく食品市販

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク