筋肉運動のエネルギー源となるアミノ酸の一種クレアチン

食事をして摂り入れたたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓中で分解されて、無駄な老廃物は尿を出す際に伴に排出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を損なわないためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適量は摂り入れるようにしましょう。体の3大栄養素として糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質は分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで多少なりに腎臓に負荷が生じます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、1日換算で約30g~40gです。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て正常な血流が行われず、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に居座りつづけるようになります。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。ですから適正な食事療法をおこない、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値体内へと送り続ける必要があるのです。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く入っているのです。おやつは小豆や牛乳・卵を活用して創られているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個相当のたんぱく質が含有されています。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分に加えて水分の調整も必要になります。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品自体が持つ全ての水分と考えます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限を設ける項目は塩分だけになります。この場合の水分制限は病気の状態や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水は腎臓機能を悪化指せる要因になるので独断で制限を行なう事は危険です。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を具材として使うのならば、小さめに切って水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。そうとううまくいった場合、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせることが出来る場合もあります。食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の悪化を食い止める事と、現在の健康状態のキープです。人工透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行をスローペースにし、人工透析導入を遅らせることが可能でます。この他、人工透析を要する状況となっても、できるだけ健康な状態で人工透析を行っていく上で、食事療法は必須なのです。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓の機能が低下するにつれ、より厳正に食事を徹底しないとなりません。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も伴います。食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)量と関係しているといわれます。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの度量が多くなるため、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。
続きはこちら>>>>>クレアチニン

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク