ネフローゼ症候群は食事療法が必須です!

腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため正常な血流が行われず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内で増加し始めます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの増加で高血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)(特に不自由を感じていなくても、改善しないと危険です)を併発する可能性が上がります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しいご飯療法の元一定量を維持する事が必要となります。ご飯をもとにして得立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)でもあり、一定値は摂取しないといけません。クレアチニンにかんしては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓でろ過されたあと他の老廃物共々、尿中に排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、合わせてクレアチニンの数量も減るワケです。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの量が多くなるために、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。人間の体にとって重要な3大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で現すと30~40g程になります。腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。これらをうまく活用するのが長つづきのコツです。腎臓機能が悪化すれば、より厳しくご飯を制限しないといけません。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限も求められます。独断でご飯プランをたてずに、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。肉・魚・卵・豆腐にかんしてはナカナカのたんぱく質がふくまれていますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個程のたんぱく質がふくまれます。カリウム(肥料としてもよく使われています)は水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼすか水にさらしてから調理してください。茹でる事でカット可能なカリウム(肥料としてもよく使われています)の度合いは、その種類や調理するときの水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウム(肥料としてもよく使われています)は減らしていけます。腎臓病でもご飯療法が適切であれば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。すごくの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるケースもあったりします。ご飯療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではないのです。ご飯療法は、患者が自ら意欲的に手掛けられる最善の治療方法です。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分だけでなく水分の制限も重要となります。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中における全水分が相当します。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら塩分制限だけになります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量から医師が特定します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病を患った方がおこなうご飯療法のポイントは、腎臓病の悪化を食い止める事と、良好な体調の存続です。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、ご飯療法によって腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を始める時期を遅くしていけます。実際に透析が必要となってからも、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は重要視されます。よく読まれてるサイト:ネフローゼ症候群食事宅配

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク