年齢とともに顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。これまでと同じ食べ物をうまく食べることができず、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、「誤嚥性肺炎」という食べ物が誤って気管に入ってしまったことが原因でなる病気になってしまう可能性もあります。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、そもそもの食べる量が少なくなったりして体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあります。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。介護用の食品には食事に対するどんな悩みでも解消できるように、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品などがあります。ご自宅で介護食を作ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。介護をする側もされる側も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。介護食は食べやすい状態にすることはもちろん、身の回りの世話をする方の食事の用意の負担をできるだけ少なくするためにも、専用の調理器具があるとかなり助けになります。介護食にみられる大事な点は、やわらかさ、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。たとえ水が少なくてもフードプロセッサーを使えば食材を刻んだり、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことができます。さらになめらかにするときには、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。最近、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態につながるとされています。そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。食べる機能は加齢や疾患によって低下します。食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、人それぞれ機能の程度は異なります。問題なく食事をするための目安として介護食はレベル別になっています。嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによって普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで家庭でも病院や施設と同じように安全な食事形態の目安として使いやすい指標です。「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をすることがとても大事です。あまり気分が乗らないとき、おかゆを食べただけで満足してはいないでしょうか。おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。病院食に見られる特徴は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、当然美味しそうには見えず、味もあまりよくありませんでした。入院している高齢者の方の食が思うように進まなかったのは噛むことが難しいからではなく、多くが見た目や味の悪さなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類の食事は作らないと決意しました。病院内で摂食嚥下障害分野に特化している看護師さんに退院後の食事についてアドバイスを求めたら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。見た目が良くて美味しそうな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食欲は失われてしまいます。無理なく口に運べるか、飲み込みやすいかなど安心して食事ができるように最大限の工夫がなされています。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。その反面、水分が多過ぎてしまっても、むせてしまうこともあるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、特に食べるのが困難な方に対しては、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。場所によっては、どんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなく、「ソフト食」という見た目は食べ物そのままですが舌を使って簡単に押しつぶすことができるものがあり、うまく噛むことや飲むことができない方でも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を助言してくれる介護施設もあります。体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、関節周りの筋肉量を維持するために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。そして良質なたんぱく質として真っ先に挙げられるのは卵と豆腐ですので、肉や魚が苦手な人は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂ると良いでしょう。卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質にはさまざまなアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、いつまでも健康でいられるそうです。もっと詳しく⇒介護食 宅配 ランキング