人体ではオルチニンを生成することができない

オルチニンを摂る場合、だいたい1日に500mg~1000mg程度が良いと言われています。もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、個体差といって、身長や体重はそれぞれ異なりますし、内臓の処理能力も異なります。自分にはどれくらいが適性なのかは、服用する量を_日変えながら、自分のちょうどの服用量などを見極めるのがよいでしょう。肝臓は、全体の70~80%が失われても、半年後には元の大きさに戻っているほどとても高い再生力を持っているため、ある程度のダメージを与えられても特に異常なく機能するという特質があります。このため肝臓のダメージに本人がそれに気付かないことが多々あり、症状が現れるころには病気が進んでしまっていることも多く、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。体内でオルチニンサイクルが起きると、アンモニアが解毒されて尿素になり、結果、肝臓に負担を掛けず尿として排出されます。一方オルチニンが足りなくなってオルチニンサイクルが働かず、アンモニアの量が多くなりオルチニンのはたらきが追いつかなかったりすると、腎臓や肝臓もアンモニア処理に加わることになるんです。肝臓ではオルチニンサイクルだけでなく、もうひとつのサイクル、TCAサイクルもおこなわれます。このもうひとつのサイクルは肝細胞の中で働いている代謝回路で、タンパク質のほか、脂質や炭水化物からATP(アデノシン三リン酸)を創り出すものです。ATPというのは筋肉のエネルギー源で、生命活動には欠かせないものです。アンモニアの機能は、このTCAサイクルを妨害してしまうのです。オルニチンは肝臓のはたらきを助けるアミノ酸の1種です。 本来アミノ酸というのは、タンパク質の基になる物質です。このオルチニンは特殊なアミノ酸で、タンパク質にならずに遊離した状態で遊離アミノ酸という物質が基になっているんです。遊離アミノ酸は血液中に存在し、全身を巡って各種の器官を正常に保つはたらきをしています。このようにオルチニンは、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを未然に防止してくれるのです。シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸の1種であり、サプリメントとしても人気があります。オルチニンは成長ホルモン(加圧トレーニングやスロートレーニングを行うと分泌量が増えるといわれています)誘導体としても知られており、オルチニンも他のアミノ酸と一緒のサプリに配合されることがあります。筋トレで筋肉増強・筋力アップしたい、筋トレ好きな方にもピッタリです。健康のためだけではなく、ダイエット・美容・美肌に良い効果・効能を期待して、サプリメントでオルチニンを飲むという女性も、ますます多くなっています。オルチニンの主な効果は肝機能のサポートなので、アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)の効率的な代謝や有毒物質の排出機能を高めてくれます。このため、悪酔い・二日酔いの予防や、酔いが回る勢いを抑えてくれる効果も期待できるでしょう。もちろんオルチニンを摂取していても、調子に乗ってお酒を飲みすぎてしまうと、かえって肝臓の状態を悪くしてしまうことになるでしょう。オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)分解に伴って、有害なアンモニアが解毒されるため、抜群のアルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)処理効果を期待できます。オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、お酒より先にサプリを飲むようにしましょう。あるいは酔って眠ってしまう前には飲んでちょーだい。沿うすることで、その後のアルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)の処理作業が、速やかにおこなわれるでしょう。オルニチンを摂取する目的は、人によってちがうでしょう。ただ、多くの人がオルチニンに期待していることは、身体本来の回復力や代謝力を強化して、体内に溜まった脂肪を燃焼させることです。晩酌が日課になっていて、検診で数値が引っかかった方、肝機能低下している方や、ダイエット進行中の女性には、最高の成分だと言えるのです。人体ではオルチニンを生成することができず食物等から取り入れなくてはなりません。とはいえ食事をとおして必要な量を摂取するには食事の量を相当増やさないといけません。オルニチンサイクルを活性化させるのに必須のオルチニン量は個人差がありますが、一日400mgくらいです。ちなみにオルチニンが豊富なしじみによってそれを摂ろうとすると一日1000個以上になるんです。引用:オルニチン サプリ ランキング

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク